お肌タイプ別お手入れポイント(乾燥肌編)

更新日:5月20日

お肌チェックはいかがでしたでしょうか??

また1週間で、お肌の感じが変わりましたか??

気になる方はもう一度チェックしてみてくださいね。


何回かにお肌タわたってプ別でお手入れポイントをご紹介していきます。

まずはオプティムス世代に一番多い「乾燥肌編」

その他の肌タイプでも参考になる点もあるのでチェックしてみてください。




【乾燥肌】

皮脂も水分(潤い)も少ない。自らうるおう力に欠けたかさつきが気になるタイプ。


【特徴】加齢とともに増える傾向にあるタイプ。水分と油分のバランスのくずれからバリア機能も低下しがちなため、刺激に弱く肌トラブルをおこしやすい。

【お手入れポイント】

□クレンジングオイル等のメイク落とし使っていませんか?→潤い機能の乱れ

□洗顔時のお湯の温度が高すぎませんか?(37度以上)→潤い機能の乱れ

□化粧品の使用量は足りていますか?量を増やしてみましょう→潤い不足

□湯船でローションパック&首回りもマッサージしてみましょう→角質ケア・代謝アップ


まずは健康なお肌を育ててみませんか?

健康なお肌の角質には潤いを蓄えたり、乾燥や紫外線など外からの刺激から守るバリア機能が備わっています。


古くなった余分な角質はしっかり落とすことも必要ですが、オイルクレンジング等の界面活性剤には潤いなども保つバリア機能を乱す可能性もあります。

また、健康なお肌に導くには、体の内側からのケアも大切です。湯船に入って代謝をアップさせ、同時にローションパックなどで角質に潤いを与えるケアをしてみましょう。スチーム効果でお肌が柔らかくなり美容成分の浸透がアップします。

首回りのコリもほぐすことで、お顔の血行もよくなりお肌の代謝もサポートしますよ。


【乾燥肌へのおすすめアイテム】

エイジングケアに欠かせないヒト幹細胞培養液がギュっ濃密詰まった

オプティムスセラムがおすすめ。濃密な美容液がお肌にハリを与え、潤いを長時間キープ。

2度づけすることで更に潤いアップ。サロンでも乾燥肌の方には大人気の1品です。



閲覧数:3回0件のコメント