お肌タイプ別お手入れポイント(脂性肌)

暑くなったり、じめじめした日も増え、お肌の調子も変化しますよね?

気になる方は再度、お肌チェックしてみてくださいね。

今週は脂性肌タイプのお手入れポイントご紹介します。

オプティムス世代になるとなかなか頬までべたつく方も多くはありませんが、Tゾーンだけべたつく方は混合肌編をチェックしてみてくださいね。


【脂性肌】 

皮脂が過剰に出て、Tゾーンだけでなく頬のべたつきも気になるタイプ。


【特徴】

思春期~20代前半までにに多い肌タイプ。

潤いはあるものの、毛穴のつまりや開き、ニキビなど過剰な皮脂の汚れが原因の肌トラブルを起こしやすい特徴があります。

ホルモンバランスなどの体質が関係することもあります。


【お手入れチェックポイント】

□皮脂を汚れを取ろうとクレンジングを使っていませんか→角質バランスの乱れ

□洗浄力が強い洗顔料でゴシゴシこすっていませんか→バリア機能ダメージ

□乳液やクリーム等で毛穴をふさいでいませんか?→肌代謝の乱れ

□ビタミン類なども積極的に補給しましょう。


ホルモンバランスなどでも皮脂が多くなりがちですが

角質が未熟で肌にとって必要な角質をとりすぎてしまっていることが大きな原因。

余分な皮脂は丁寧な洗顔を心がけたいですが

皮脂を取り除こうと洗浄力の強いものでゴシゴシこすると保水力まで奪ってしまい

必要なバリア機能のバラランスを損なってしまいます。

適度な洗浄力のある洗顔剤をしっかりと泡立てて、泡を使って

余分な皮脂や汚れを落とすことが大切です。

また皮脂を抑えるビタミンCなども積極的に補給することがおすすめです。


お勧めアイテム

オプティムスローション

ビタミンC誘導体をはじめとした4種のビタミンを配合。

ヒト幹細胞も配合も配合のローションパックすることで

お肌に必要な美容成分がぐーんと浸透します。

お勧めアイテム






閲覧数:1回0件のコメント