ぷるぷるお肌のコラーゲンを作るにはビタミン〇〇?

「知っている美容成分は何??」

と訪ねると、必ずと言っていいほど出てくる「コラーゲン」。

どのようなイメージでしょうか?

きっと真っ先に「お肌ぷるぷる」「お肌に良さそう」というのが出てくるかと思います。

お食事やサプリメントでコラーゲンを意識的にとられる方も多いのでは


 ■コラーゲンの美肌役割

ひとことでいうとお肌ぷるぷるの「ハリ」「弾力」を保つ役割をしています。

お肌をベッドの構造に例えるとコラーゲンはベッドの土台の「枠組み組」に似ています。

コラーゲンが強くてしなやかだと、土台からお肌を持ち上げてハリのある若々しい肌に保ってくれます。コラーゲンの枠組みがボロボロだとと、お肌の構造を支えきれず、たるみやシワの原因になってしまいます。

なのでお肌のハリ、弾力を保つにはコラーゲンは欠かせない1つなのです



■コラーゲン作りにはアミノ酸とビタミン〇

ぶるぶるなお肌のハリ、弾力の基、「コラーゲン」を作るには

アミノ酸に加え、あるビタミンが材料となります。

それは「ビタミンC」

もしかしたら、美白や抗酸化成分でのイメージの方が強いかもしれませんが実はコラーゲンを作るのは欠かせないのがビタミンCなのです。

ビタミンCが十分にあることでコラーゲンが作られるのです。

ちなみにコラーゲンはお肌に塗っても自分のコラーゲンにはなりません。(保湿力はあります)

当たり前のようですが、自分のコラーゲン(ハリ弾力)は自分で生み出してこそ自身のコラーゲンになります。その背景にはビタミンCの存在があったのです。

ビタミンCはその他にもたくさん美容効果があり、とっても優秀な存在だなーとあらためて感じます。


●抗酸化効果

●美白(メラニン還元)

●シミ予防(メラニン生成抑制)

●ハリ弾力(コラーゲン生成)

●皮脂抑制

などなど


お肌はもちろん体にも良いので積極的にビタミンはとりたいですね♪


OPTIMUSオプティムスには4種のビタミン誘導体「ビタミンフォース」配合で、

イキキした活力あるお肌にへとサポートしてくれれます。










閲覧数:7回0件のコメント