top of page

冬のシワ対策 ここがポイント②

前回に続き、冬のシワ対策をご紹介していきます。


前回はシワ対策には「血行」が大切でという事。

冷えなどで血行が悪くなると、末端まで栄養や酸素や潤いが運べず不十分なため

新陳代謝がおち、シワが目立ってきます。

そこで一番簡単な血行促進の方法は湯船でしっかり温る事をおすすめしました。


今回はスキンケア方法 洗顔編


ポイント 冬の洗顔温度

冬場の洗顔は、血行を良くするには温かい方が良いだろうし、寒いからお湯で洗顔する

という方も多いのではないでしょうか。

しかし、もしそうだったらお湯の洗顔はすぐにストップ!してください。


それは、お湯で洗うことでお肌が本来持っているバリア機能が壊れてしまい、

お肌の保湿成分がどんどん流れ出し、乾燥が進んでしまうからです。

結果、お肌が乾燥することでシワを目立たせてしまいます。


お湯で洗っている方は思い出してみてください。

洗顔後はお肌がパリパリし引きつる感じになっていませんか?

それは、お肌のバリア構造が崩れて、お肌の水分が逃げて乾燥してしまうのです。

かといって、もちろんこの時期の水洗顔をおすすめしているわけではありませんよ。

冬の水は冷たすぎて、血行不良になったり、汚れが落ちきらないのです。

では、どの位かというと

30~35℃の洗顔温度

温度の目安は触ってみて、やぬるすぎかな?と思う位。

36℃はこえないようにしてみましょう。

お湯を触って、あたたかいと感じる時は36℃以上あるかもしれません。

洗顔温度を気かけるだけで乾燥しにくいお肌になりますので

冬のシワ対策やお肌全体の調子が整いますよ。



早速、今日の洗顔時には意識してみてくださいね。

次回はスキンケアアイテムのご案内をします。

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page