夏の湯船メリット

外に出ると、すぐに汗がじわーっと出てくる暑さ。

こんな夏場はシャワーで過ごす方も多いのでは?


オフィスや建物に入ると、冷え冷えのエアコン。

冷房の効いた部屋で長時間過ごしたり、冷たい物をとり過ぎたりして、

意外と体は冷えやすいのが現代の夏です。

体が冷えると血行不良や免疫力の低下、疲れやむくみ、食欲不振など

夏場にだるさを感じることが多くないですか?


夏でも湯船につかることでシャワーだけでは得られないこんなうれしい効果が!


■冷えとむくみ

お湯の温熱効果で体が温まることで血流がアップ。

エアコン等で冷えきった体を温めてくれます。

更に湯船につかると体に水圧がかかり、その圧力によって

手足などの末端にたまった血液が心臓へと押し戻され、

血流やリンパの流れを整えむくみリセット効果も期待できます。



■リラックス効果

38℃くらいのぬるめのお湯につかることで、副交感神経が優位になります。

そうすると体がリラックスモードになり、心地よい睡眠につながります。


■熱中症・夏バテ対策

汗のもっとも重要な役割は、体温調整。

エアコンの効いた涼しい部屋でずっと過ごしていると、

体温調節機能が衰えて汗をかきづらくなってしまうことがあります。

暑い時にちゃんと汗をかけないと、うまく体温を調整することができず

熱中症のリスクが上がってしまうのです。

夏場は、ぬるめの湯船にゆっくりとつかることで、汗をしっかりかける身体づくりに役立ちます。



近頃は夏用のクールタイプの入浴剤も発売されていますので

夏の湯船生活、トライしてみてください♪






閲覧数:7回0件のコメント