日焼け止めのSPFとPAって?

UVケアまでがエイジングケアの常識となっている近頃ですが

ケアできていますでしょうか。

更に日差しが強くなると、お顔だけでなく

腕やデコルテ等のお肌の露出も増えるので

体のUVケアも忘れずに行いたいですね!


さて、日焼けの止めに表示されている数値、気にして使っていますか?

もしかしたら数値が高ければ良いと思っていませんか??


今回は、日焼け止めに表示されているSPFとPAの事をご案内します。

この2つの表示の意味は


【SPF】・・・紫外線のUV-Bを防ぐ数値の目安。

日焼けの赤くなってヒリヒリする(サンバーン)までの時間を何倍にのばせるかの目安の数値です。

赤くなってヒリヒリするには肌の色や個人差があり10分の人もいれば20分の人もいます。


例)もしも、20分で赤くなるとしてSPF20のUV製品を使用した場合。

20分×SPF20のUV製品= 400分 = 約6.5時間 

ヒリヒリを防ぐ目安は6.5時間です


【PA】・・・・UV―Aを防ぐ目安の数値です。

UV-Aはお肌を黒くするサンタン作用があります。

また波長が長い為、お肌の奥まで届きお肌の弾力のもとである

コラーゲンなどを壊し、たるみやしわの原因となります。


そうなると数値の高いUVを選びたくなるものですが

数値が高くなると、使い心地がよくなかったり、お肌へ負担がかかることがあります。


日焼け止めを選ぶ時は、

〇日常生活であればPA+・SPF10~20、

〇屋外での軽いスポーツやレジャーであればPA++・SPF20~30、

〇炎天下でのマリンスポーツやレジャーなどではPA++以上・SPF30以上

のものを基準に選ぶことをおすすめします。


また、朝に1度塗ったら終わりという事ではなく

特に夏場は汗や洋服の摩擦などで落ちやすいので

効果を持続させるには、こまめに塗り直すのが大事なポイントです!



また強いUVやウォータープルーフタイプを使用すると、

クレンジングを使用しないとなかな落ちません。

オプティムスショップでおすすめしているのは

お顔に日常使いするUV商品は洗顔料で落とせるもの

こまめに塗り直して使用するのをおすすめしています♪


ご自身の目的に合わせたUV数値選びはは参考になりましたでしょうか?

もちろん、日傘や帽子などでも併用すると、さらに紫外線防御しますので

活用してみてくださいね!






閲覧数:2回0件のコメント