「ヒト幹細胞培養液エキス」に含まれる成分とは?

美容業界ではで大注目中の「ヒト幹細胞培養液」

前回に続き、ヒト幹細胞培養液についてご紹介したいと思います。


【ヒト幹細胞培養液って??】

細胞を生み出すことができる大元の細胞、「幹細胞」を培養する際に分泌される成分です。

分泌成分なので細胞自体は全く含まれはおらず、「ヒト幹細胞培養液」とか「幹細胞培養上清液」などと呼ばれています。

培養液には数百種類のタンパク質や成長因子が含まれていて細胞活性の「鍵(リガンド)」となる情報伝達物質が豊富に含まれています。



【活性化のしくみ】

細胞活性する為には鍵(リガンド)と鍵穴(レセプター)とが一致することで、エンジンがかかり細胞活性化します。

鍵だけがたくさんあっても、鍵穴と一致しなければエンジンはかかりません。

そして、ヒトの鍵穴(レセプター)に合う鍵(リガンド)が沢山含まれているのがヒト幹細胞培養液なのです。


一例ですが、ヒト幹細胞培養液エキスに含まれる代表的な成長因子にはこのような種類が含まれています。成長因子も美容成分では注目されていますが、これだけの種類が一気に含まれているなんてされに期待値があがりますよね。



今回、夏後の肌ダメージには取り入れてほしい美容成分でご紹介しましが

基本、エイジングケアが気になる方には通年スキンケアとして取り入れてほしいおすすめ成分です♪是非取り入れてみてくださいね


~ヒト幹細胞培養液エキス配合~

オプティムスシリーズ

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示