skin01_02.jpg

OPTIMUS × Skin care philosophy

スキンケアが変わるとお肌が喜ぶ。お肌が喜ぶと毎日が楽しくなる。

スキンケアから笑顔を届けたいOPTIMUS オプティムス 

「OPTIMUS 」にはクリームがありません。

skin_01_05.jpg

オプティムスにはクリームがありません。

それはなぜか?

それは、お肌に不足しているのは油分ではなく「潤い=水分」だと考えているからです。

 

思い浮かべてみてください。

 

真夏に照り付ける暑い日差し、

1年中ふりそそぐ紫外線、

エアコンの空調が効いている室内、

冬の冷たく吹きつける乾いた風。

そんな中、お肌から奪われるものは「油分」ではなく「潤い=水分」です。

お肌は油分を欲しがっているのではなく、潤いを欲しがっているのです。

skin_01_07.jpg

Moisturizing the skin = not oil.
お肌の潤い=油分ではない。

確かに、クリームやオイルをつけるとしっとりした感覚があります。

ですが、それは一時的に肌表面に膜をはっているだけで、

長く続けることで皮膚呼吸の妨げになっていたり、

バリア機能をくずしてしまったり、

密着性がありターンオーバーを弱める結果となっているようです。

 

お肌表面のみがカバーされた感覚だけで、「スキンケア完了」と思っていませんか。

お肌には本来、自己回復力や防御力が備わっています。

与えられないと作ってお肌を守ろうと体内から皮脂を出すのです。

 

天ぷらやお肉を食べた翌朝のお肌はしっとりしていませんか?

脂っこい物を食べるとニキビや吹き出物が出たりしませんか?

そして、洗顔した後に化粧品を何も付けないでいると、数分後にはツッパリ感がないように思えませんか?

 

しかし、潤い=水分は摂取しても普段の生活で奪われてしまいます。

潤いが不足した肌は、潤いをカバーしようして逆に皮脂が過剰に出てしまいTゾーンのべたつきや

オイリー肌の原因にもなります。

skin_01_09.jpg

Skin care that seeks the original moisture of the skin
肌本来の潤いを求めるスキンケア

skin_01_11.jpg

実際にサロンではお肌に本来必要なのは油分ではなく「潤い」ということを

あらためてアドバイスし、油分でふたをしないスキンケア方法を長く実践いただいています。

 

今まで常識だと思っていたのスキンケア方法から

「クリームを使用しないオプティムスシリーズ」と出会っていただくことで

お客様のお肌が変化しているのを私たちも実感しています。

 

オプティムスで大切にしたいのは一時的に感じるしっとりではなく、

本当に「お肌が内側から潤う」というのはどういう事なのかの根本を考え

お肌が本来もっている優れた機能や、お肌の未来の可能性を最大限に生かすこと。

スキンケアが変わるとお肌が喜ぶ。お肌が喜ぶと毎日が楽しくなる。

オプティムススキンケアから笑顔を届けたいと考えています。

OPTIMUSとは

スキンケア哲学

こだわり成分

シミ、しわ、たるみ、乾燥などお客様が

抱えるそれぞれのお肌悩み…

本来のお肌の可能性を引き出す新発想の

エイジングスキンケアシリーズ。

スキンケアが変わるとお肌が喜ぶ。

お肌が喜ぶと毎日が楽しくなる。

スキンケアから笑顔を届けたい

OPTIMUS オプティムス 

オプティムスは乾きからお肌を守ったり、お肌に潤いを

満たすような機能成分を厳選し、更にはお肌が

本来持っている力を高め、お肌の可能性を引き出だす

「ヒト幹細胞培養液」にも着目しました。