top of page

からだ乾燥のウォッシュケア

更新日:1月30日

冬になり外気が乾燥してくると

お顔だけでなく、からだの乾燥肌が気になってきます。

サロンケアでボディの施術時に乾燥によるかゆみのせいか

肩や背中に掻きむしったあとが見られることも。

乾燥している時は、洗浄も気をつけたいものです。



そんな緊急時、おススメしたいのが

オプティムスウォッシュでのボディケア。

通常は洗顔でご使用いますが

身体の乾燥が強い時には贅沢に「オプティムスウォッシュ」で

優しく体を洗うのがおすすめです。

泡洗顔の要領で、身体をたっぷり泡と手を使います。


【おすすめ理由は3つ】

1,潤いと洗浄ベストバランス

2,セラミドパワー

3,美容成分「ヒト幹細胞培養液」配合



1・潤いと洗浄ベストバランス

お肌が過度に乾燥している時は身体も同じで、デリケートな状態になっています。

いつもはスッキリ洗えるボディソープや石鹸でトラブルがなくても

そんな場合は乾燥が進んでしまう事が懸念されます。

オプティムウォッシュはメイク汚れまで落とせる程の洗浄力と

つっぱらない程の優しい洗浄成分のバランスを考えて作られていいます。

体に比べてお肌が薄い顔でさえ、実感できる潤い感なので、

乾燥で敏感になっている体には尚更勧めです。


2・セラミドパワー

セラミドはお肌を乾燥や刺激から守る代表ともいえる成分です。

もともとお肌に存在し、角質と角質を密着させて外的刺激から守ったり

お肌を乾燥させないような役割をしています。

ウォッシュは植物性の米ヌカ由来のセラミドが配合され

デリケートなお肌の潤いを守ってくれます。

常時、身体が乾燥するときはセラミド入りの入浴剤を利用してみるのもおススメです。


3・美容成分「ヒト幹細胞培養液」配合

「ヒト幹細胞培養液」は幹細胞生まれの美容成分で複数の成長因子や美容成分が

含まれています。

サロンケアではエイジングケアには欠かせない美容成分となっていて、

美顔器での導入やパック使われるぐらい頼りになる成分です。

エイジングケア対策の条件の1つ

乾燥を防ぎ、潤いを保持してお肌をまもりながら洗う事ができますよ。





身体の乾燥トラブルの緊急時には、洗うところからしっかり気を使いたいですね!

そんな時は身体をタオル等でゴシゴシこすらずに、良く泡立てて、手でやさくなでるように

泡で包んであげましょう!


今回は乾燥緊急時のスペシャルケアをご紹介しました。

ちなみに、夏の日に焼けたて乾燥した時も同様にしています♪


お風呂のあとにボディローションやクリーム等使用することに加えて

洗浄ケアから気にかけてみてくださいね!

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page