ハロウィーンといえば

ハロウィーンといえばヨーロッパ発祥のお祭りですが

日本でも外へ出ると、お店のディスプレイや商品のパッケージ

などハロウィーン仕様になっていてかわいらしいですよね。


その中でも代表的なのがかぼちゃのランタン。

いろんな表情があって、楽しくなります。

ランタンに使用するのは食用のかぼちゃではありませんが、

今回は美容で注目のかぼちゃの栄養素をご紹介します。


■アンチエイジングに嬉しい豊富なビタミン

老化の大敵な1つが活性酸素

活性酸素の過剰な発生を防ぐために、抗酸化作用のある栄養素を日々、

取り入れるのがエイジングケアには大切です。

かぼちゃには抗酸化作用がある代表的なビタミンが含まれています。


【タミンA(βカロテン)】【ビタミンC】【ビタミンE】が含まれてます。

この3種のビタミンはビタミンンエース(ACE)とも呼ばれこの3種類を一緒に摂ることで互いに作用を強化したり、足りない部分を補ったりする効果を発揮するのです!




【ビタミンA(βカロテン)】

かぼちゃのβ-カロテンは体内でビタミンAに必要な量だけ変換されます。βカロテンは強い抗酸化作用があり、皮膚や粘膜を保護する働きがあり、肌のハリや潤い、弾力を保ちます。


【ビタミンC】

ビタミンCは、紫外線による皮膚などのメラニン色素の増加を防いで日焼けを予防します。美肌には欠かせないハリや弾力の元となるコラーゲンの生成にはビタミンCh必要なビタミンになります。


【ビタミンE】

ビタミンEは強い抗酸化作用を持つ脂溶性のビタミン。ビタミンCは水溶性なのに対し、ビタミンEは脂溶性。血流を促して代謝を高めたり、肌のターンオーバーを促進したりして美肌へと導く効果が期待できます。


これからどんどん寒くなるので免疫アップに備えるためも、かぼちゃが美味しい季節なので食事に取り入れてみねくださいね。


外側の美肌ケアはオプティムス!

オプティムスにも様々なビタミン誘導体(ビタミンフォース)が配合されていて、

お肌を元気にしてくれますので、是非冬肌に備えるのもおススメです♪



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示