夏後のダメージケア&秋の乾燥対策

9月に入り、秋の始まりを感じますね。

今年の夏もコロナの影響がありましたが満喫できましたでしょうか。

そんな中でも日差しは、強かったので紫外線ダメージがお肌に残っていませんか?


ご存じですか?肌老化の

なんと「約7割」は紫外線の影響(光老化)を何らか受けている と言われています。

代表的なのは

  • シミ、そばかす →紫外線からお肌を守ろうとし、メラニンが増えます。

  • シワ、たるみ  →紫外線がお肌のハリや弾力の基である、コラーゲンやエラスチンを壊してしまう酵素を増やし、コラーゲン繊維を切断、エラスチンを変形させてしまいます。

  • お肌のざらつき →繰り返し紫外線を浴びると、外的刺激から守るために、お肌は余分な角質を溜め込む「角質肥厚」と呼ばれる状態になります。お肌のキメは乱れ、手触りはゴワゴワ、ザラザラに。

  • お肌の乾燥  →お肌のキメが乱れると、潤いと保つ機能も衰えどんどん乾燥しやすいお肌になっていきます。


しかしながら、子供の頃はすぐにもとに戻っていましたよね??

紫外線からお肌を中和する、抗酸化成分や酵素、細胞を活性化する成長因子なども豊富にあるので、正常なターンオーバーのサイクルでメラニンやダメージを受けた角質も排出でき、紫外線ダメージを受けてもすぐにきれいに!


大人になればなるほど、肌細胞を活性化してくれる酵素や成長因子も少なくなるのでお肌の代謝がおち、紫外線の肌ダメージがなかなか、もとに戻らないのです。。。。

光老化を防ぐためにもUVケアや日傘や帽子、サングラスで紫外線ケアが大事なのです。


とはいっても過ぎてしまった日々はもどりません。。。。

そんなお肌におすすめなのが「ヒト幹細胞培養液」!!


「ヒト幹細胞培養液」とはエイジングケアで注目の美容成分です。

細胞の大元である、「幹細胞」再生医療でも注目されている細胞で、今では知っている方も増えてきました。その幹細胞を培養する際に分泌される成分です。

次回は更に「ヒト幹細胞培養液」に含まれる成分についてご紹介しますね!

閲覧数:3回0件のコメント