top of page

知らないうちに「スマホでたるみ顔」!?

更新日:2022年10月11日


いきなりですが1日どのくらいスマホをみていますか??

朝から夜寝るまでSNSや動画にゲームなど

無意識のうちに何度も見ている方も多いかと思います。


実はスマートフォンが「たるみ」の原因の1つになっているのです。

お顔がたるむと一気に老けた印象になりますよね。



どういてスマホでお顔がたるむのかと言うと

それは「長時間にわたるスマホの姿勢」が原因。

自身がスマホを触っている時の姿勢をちょっと思い出してみてください。


■画面を見ながら下をずっと見ている

■首が前に出て猫背になっている。

■長時間、顔が無表情


長時間、下を向くために頭が前に出ることで猫背になりやすいのです。

猫背に加え頭を支える首や背中にも負担がかかるためリンパや血液の流れがわるくなり

顔がむくみやすくなります。

そうすると、老廃物が滞り、頬の下に皮下脂肪が溜まりやすい状態を作り出してしまうのです。

また長時間うつむいていることで頬や顎にある脂肪が重力によって垂れ下がるリスクを高めてしまいます。

加えて無表情のまま画面を見る事が続くと口の周りの筋肉も衰えやすくブルドッグ顔に。。。。



そんな「スマホたるみ顔」にならないために気をつけたいポイントをご紹介


【ポイント1】

スマホの位置はなるべく目の高さに合わせて、うつむかないような姿勢で使いましょう。


【ポイント2】

長時間の同じ姿勢は血流やリンパの流れを悪くします。首を回したり、肩甲骨をほぐすなどストレッチなど行いましょう。


【ポイント3】

長時間使う場合は、口を横に広げたり、頬を膨らませたり、すぼませたりするなど表情筋を動かすことを意識してみましょう


まさか、スマホで顔がたるむなんて思ってもみませんでしたが理由を見ると納得。

既に生活に密着しているスマホですので、使わないわけにはいかない現代。

見るときの姿勢や、ストレッチ等を意識することで

たるみの対策ができますで、是非取り入れてみてくださいね!


閲覧数:7回0件のコメント

Comments


bottom of page